×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宮城県の街金仙台市内は元より全国対応街金です。ブラックや多重債務など他で借りれない方もオトクな情報です。

宮城県街金【消費者金融】ブラック対応はコチラ

仙台市で悪い街金融の見極めポイント

仙台市で街金融を利用するとき、どんな特徴がある中小消費者金融は悪徳業者なのか、見極めるポイントを知っていれば回避することにつながります。
街金融は古くから地元の方々に愛され運営されてきた老舗がある一方で、社名があまり浸透していない会社が多いことから、闇金などの悪徳業者が紛れ込んでいるのも事実です。

街金融などの金融業者から融資を受けるには、最初に審査を受けて通過し、契約を結ばなくてはなりません。
審査落ちしてしまうことが最も恐ろしいことなのですが、闇金は「ブラックOK」「債務整理中でも融資可能」「無職でも借金できる!」など、審査が甘いような誤解を与える広告を出しています。

金利が高過ぎる金融機関は、法律の上限を超えている可能性があります。
法律の利息制限法では、金利は20%~15%になっています。
もし、業者側が提示している金利がこの上限より高ければ、法律に違反していますので正規の街金融ではありません。

こうした場合に表示されている金利は、基本的に年率です。
30日分の利息を計算するときは、金利を掛けてから1年間の365日で割り、さらに30日で掛ければ算出できます。
闇金は「トイチ」という表現などがよく使われ、10日間の貸し付けに対し1割もの金利を請求するというもので、年率で表示をしてきません。

10日で10%ですから、いかに高い金利かがわかります。
このように高すぎる金利の金融業者には、申し込まないように注意しましょう。
どんなに高くても、法律では年利20%までです。

金利を抑えたい場合は、やはり個人融資なら銀行が一番有利でしょう。
例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」でしたら、金利が年率1.8%~14.6%と有利な設定です。
大手消費者金融は18%くらいで割高になります。

まず正規の金融業者を選ぶこと、上限金利の範囲内の利息であることが確認できたら、その中で金利が有利な街金融を絞り込んでみてはいかがでしょうか。